"リスク"と向き合い、認識することで新たなチャンスを掴む。

ゼクトが選ばれる3つの理由

災害対策マニュアル見直しサービス

  • マニュアル及び体制の策定について
  • 訓練について
  • 具体的な事例: 病院
  • 具体的な事例: システム開発会社
Medical Trancer Z
Medical Dock Navigator Z
災害対策マニュアル見直しサービス
当社の実績紹介
PCI-DSS

お見積り・ご相談は

電話でのお問合わせ TEL: 03-5577-2972メールでのお問い合わせは、お問合わせフォームからどうぞ

規格別メニュー

  • PCI-DSS
  • ISO9001
  • ISO14001
  • ISO27001
  • プライバシーマーク
事務用品、生活用品、家電、防災グッズまで揃う!当社運営の「はっするネットお茶の水」はこちら
  • HOME > 災害対策マニュアル見直しサービス

災害対策マニュアル見直しサービス

東日本大震災が発生し、今後の復旧のために大変な労力が必要となります。
自然災害の発生は防ぐことができません。しかし、発生する災害に備え、準備しておくことはできます。準備する事項については様々なものがありますが、事業継続の観点から災害対策マニュアルの策定及び定常時の訓練が非常に重要であると考えます。

当社では様々な組織のマネジメントシステムの構築支援をさせて頂いた経験を活かし、リスクマネジメントの一環として、事業継続計画を基本とした災害対策マニュアルの策定・見直し、防災訓練の企画、実行のご支援をさせて頂きます。

マニュアル及び体制の策定について

実施項目 概要
ビジネスインパクトの洗出し 企業の事業継続に影響を与える事象を洗出すことで、事業継続のために必要な対策の特定に役立てます。
復旧プロセス(事業・設備)の特定 事業を継続するために復旧させなければならないプロセスについて優先順位を定めます。
復旧手順の検討 優先順位を定めたプロセスについて、復旧させるための手順を検討・協議します。
対策マニュアルの策定 検討した手順について文書化し、関係者へ配付します。
緊急連絡網の策定 有事の際の社内及び顧客、行政、関連機関などへの連絡体制を明確にします。

訓練について

実施項目 概要
避難訓練 有事発生の際に迅速に避難できるように訓練します。
リストアテスト バックアップを取得しているシステム及びデータについて、リストアテストを行います。
無停電装置テスト 電源異常時に無停電装置、又は自家発電装置などが動作するかテストを行います。
外部関係者対応訓練 有事発生時に、マスコミへの記者会見や株主・取引先への対応について訓練します。

具体的な事例: 病院における災害対策

実施事項 1カ月 2カ月 3カ月 4カ月 5カ月 6カ月 7カ月 8カ月 9カ月 10カ月 11カ月 12カ月
災害リスクのアセスメント                        
復旧手順の検討                        
 ・災害状況の報告手順について                        
 ・医薬品の確保に関する手順について                        
 ・被災者への対応手順(トリアージ)について                        
 ・機器・設備の復旧手順について                        
 ・避難手順について                        
災害対策マニュアルの策定                        
緊急時当院マニュアルの策定                        
 ・緊急当院の発動基準について                        
 ・緊急当院の対象者について                        
 ・緊急当院時の注意事項について                        
 ・安否確認(報告)の手順について                        
訓練の計画                        
防災(トリアージ)訓練の実施                        
自家発電装置稼動試験の実施

災害状況の報告手順について

災害発生時に現場の状況(けが人の状況、機器・設備の状況、インフラの状況、火災発生など)について災害対策本部へ報告する担当者、様式、報告方法について検討します。

医薬品の確保に関する手順について

広域災害が発生すると必要となる医薬品が通常の流通経路にて供給されない、などの事態が発生します。そのような事態に備えるために薬品卸業者への連絡体制、地域医療連携先との医薬品共有体制、流通経路などを確認し、連絡先一覧や連絡体制を確立します。

被災者への対応手順(トリアージ)について

医療機関という役割において、災害発生時には被災者が来院、搬送された場合に適切な処置を行わなければならないのですが、医療資源(人材、材料、機器・設備など)に限りがあるため、効果的に対応しなければなりません。

優先度 識別色 分類 傷病等の状態
第一順位 赤色(Ⅰ) 救護処置、
搬送最優先順位群
(重 症 群)
体幹に重大な危険が迫っていて、速やかに(5〜60分以内)に救急医療機関で治療を開始すれば救命可能な人。
第二順位 黄色(Ⅱ) 優先順位2番目群
(中等症群)
今すぐに治療しなくても生命に影響はないが、放置しておくと生命の危険がある人
第三順位 緑色(Ⅲ) 軽処置群
(軽 症 群)
トリアージタッグは未使用(手に取り付けるだけ)、救護所または近所の医院での救護処置で間に合う人
第四順位 黒色(0) 不搬送、不処置群
(死 亡 群)
体幹や頭部に重大な損傷があり、既に生命反応がなくなりかかっている人、または既に死亡している人

具体的な事例: システム開発会社における災害対策

実施事項 1カ月 2カ月 3カ月 4カ月 5カ月 6カ月 7カ月 8カ月 9カ月 10カ月 11カ月 12カ月
ビジネスインパクトの洗出し                        
復旧手順の検討                        
・災害対策本部の体制及び召集基準について                        
・災害状況の情報収集・報告手順について                        
・顧客への広報・報告手順について                        
・代替オフィスの基準について                        
・避難場所、避難経路について                        
災害対策マニュアルの策定                        
緊急時出社マニュアルの策定                        
・緊急出社の発動基準について                        
・緊急出社の対象者について                        
・緊急出社時の注意事項について                        
・安否確認(報告)の手順について                        
訓練の計画                        
防災訓練の実施                        

災害対策本部の体制及び収集基準について

災害対策本部員の構成、役割を明確にし、召集の基準を検討します。また、召集した災害対策本部の解除基準も定めます。

代替オフィスの基準について

拠点が使用不能になった場合を想定し、復旧させなければならない事業を明確にするとともに事業を継続するために必要な人員、インフラ、設備、機器などを明確にします。

緊急出社マニュアの策定について

災害発生時における出社基準、出社対象者を検討します。また、安否確認の方法に関しても検討を行い、社内にいない社員、関係者が安否連絡できる仕組みを取り決めます。

防災訓練の実施について

災害対策本部員の構成、役割を明確にし、召集の基準を検討します。また、召集した災害対策本部の解除基準も定めます。

例:【第一種 緊急出社体制】

文京区にて震度6強以上の地震発生時
【社内の対応】
対策本部長(夜間または休日は出社している最上席者が代理)は、会社の被害状況を確認しNTT東日本災害用伝言ダイヤルにメッセージを登録する。
【会社へ安否連絡(社内に不在の職員)】
社内に不在の社員は自身及び家族の安否、家屋の被害状況を下記電話番号に連絡またはNTT東日本災害用伝言ダイヤルに登録する。会社電話番号「03-****-****」
【災害対策本部員及び10km圏内在住社員の対応】
本社より半径10km圏内在住の社員は、夜間は自宅にて待機し、夜が明けた後、自身及び家族の安否、自宅家屋の被害状況から判断し、可能な限り徒歩または自転車にて出社する。
【10km圏外在住社員の対応】
本社より半径10km圏外在住の社員は、自身及び家族の安否、自宅家屋の被害状況、公共交通機関の復旧状況を判断し、出社する。

※ 緊急出社者は、可能な限り食料、飲料水、生活用品などを携帯する。

お問合わせフォーム